家電のデジタルカメラを販売するときには予備バッテリーのオプション販売をしてほしいということ。

量販店で家電品を購入する際の注意ポイント
量販店で家電品を購入する際の注意ポイント

家電のデジタルカメラには予備バッテリーのオプション求む

この10年来で家電製品として重要なアイテムの1つにのし上がったのはパソコンや携帯電話のほかにデジタルカメラというアイテムが候補の1つとしてあげられます。そのデジタルなカメラですが、このカメラの特徴は従来のフィルム式のカメラと違っていちいちカメラにフィルムを購入して装填しないでもいいということ、現像代を気にしないでいいということ、失敗してもその場ですぐに消去してやり直しの撮影ができるということ、その場で撮影した映像の確認をできるということが世界中でヒットした大きな革命ともいえます。さらに時代がくだりますと画素数が大きくなってより鮮明な映像になりましたし、フィルムの代わりに装てんしているSDカードも大容量化されたのでたくさんの写真を入れることが可能になりました。さらに写真用のカメラであるにもかかわらず動画も撮影できるというのがさらに魅力を増しているのであります。

そんな動画も撮影できて本格的なビデオカメラに引けをとらないデジタルカメラという家電製品でありますが、ここで1つ気になるのは予備のバッテリーをその売り場でその気になればオプション販売してほしいということであります。なぜこの提案をするかといいますとデジタルなカメラになって撮影の頻度は格段に多くなってバッテリーの消耗はより速くなってきています。さらに動画も撮影できるようになって人によっては写真よりも動画メインで撮影している人も多いのですが、動画撮影だとわずか1時間そこらで交換するくらい消耗してしまうのです。しかし大昔のカメラだと電池だったので市販の電池を取換で済んでいたのですが、近年のバッテリーはカメラごとに規格が違ってY予備のバッテリーを販売しているお店は少ないのです。だからさらに撮影で苦労しないためにも予備バッテリーのオプション販売もしてもらいたいのであります。


Copyright(c) 2019 量販店で家電品を購入する際の注意ポイント All Rights Reserved.